2009年02月20日

レンタルサーバを「さくらインターネット」へ乗り換え

仕事用に、co.jpの独自ドメインを取得してホームページを持っているんですが、WEBサーバやメールサーバを自前で管理するのも面倒なので、今まで9年間くらい「ファーストサーバ」の共用レンタルサーバを利用していました。
ここを使い始めた頃は格安の料金体系でしたが、後続の他社がその下をくぐる安価な料金になってきたので、更新時期になると、毎年他社への移行を考えていました。
でも、独自ドメインの移管の手続きや業者を選ぶ時間がなくて、そのまま更新してしまっていたというのが実情です。

ところが、昨年12月の更新は、入院していたため更新手続きができなく、契約打ち切りになってしまいました。
ちょうどいい機会ということで、じっくり他社を調べてみて、「さくらインターネット」のスタンダードプランに乗り換えました。

今までのファーストサーバでは年間30,000円くらいの利用料だったのが、今回は年間6,000円!もっと安い年間1,500円のプランもありました…これで商売になるの?
ディスク容量は100MBから3GBへ増えての料金です。
メールアドレスは10個までだったのが、無制限!
おまけに、ウイルスチェックも追加料金無し。
アプリのテストでメールアドレスは複数使うので、便利になりました。

MySQLも標準で使えるので、これから使い方を考えなくては。

移行してからの感じでは、レスポンスも若干速くなり、今のところ全く問題ありません。
まぁファーストサーバも、9年間トラブル無しで運用できていたので、今はどこもそうなんでしょうね。

さくらインターネット http://www.sakura.ad.jp/
ファーストサーバ   http://www.fsv.jp/

ブログで利用しているSeesaaブログやSo-netなども、さくらインターネットの設備を使っているんですね。


posted by CatBear at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | PC ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

キーボード購入 Logicool Classic Keyboard 200

今まで Microsoft Comfort Curve Keyboard 2000 というキーボードを2年ちょっと使っていたんですが、Back Spaceと無変換キーが効かなくなりました。何回か復活しましたが、そのときは二つ同時に使えるようになるので、キーの接触不良ではなく内部の回路の故障だと思います。

今回は最もベーシックなキーボードで、横幅が若干狭い Logicool Classic Keyboard 200 を選んでみました。

Microsoft Comfort Curve Keyboard 2000 の横幅は475mm、今回のLogicool Classic Keyboard 200 は445mmと、約30mm狭くなり、今まで若干左にオフセットした状態で使っていたのが解消されます。

この幅の違いは、右側のWindowsキーを省略し、矢印キーを左に寄せてあるため、キー縦1列分だけ狭くなっていますが、キーピッチは同じなので普通の感覚で入力できます。
ただ、DeleteやHomeキーの部分は、通常は横3×縦2個の配列ですが、横2×縦3になっているので、ここをよく使う人は慣れる時間が必要かも?
20081025_191.jpg 
また、使いもしないホットキーがありませんので、奥行きも165mmと省スペースです。

キータッチは…特にどうこういうようなものではありませんが、音はかなり静かです。きっちり作ってある実用品という感じですね。これで1,180円というのはお買い得でした♪
980円くらいで売っているノーブランドのキーボードとは別物です。
posted by CatBear at 15:30| Comment(2) | TrackBack(0) | PC ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

IBM ThinkPad i1800 2655-P3J のキーボード交換

もう6年くらい愛用しているIBM ThinkPad i1800 2655-P3Jのキーボードが不調でした。
10個くらいのキーが、押しても入力できたりできなかったり
ついにWindowsログイン時のパスワードが入力できなくなってしまいました。

IBMに修理に出して1ヶ月近くかかった経験があるので、それも困るしな〜ということで、ネットでいろいろ探してみたら、この機種のキーボードを売っている会社「中部ノートセンター」を発見。
ここでのパーツナンバーは“02K5701”ALPS製となっていますが、私のThinkPadをバラしてみると“02K5876”です。
そこでLenovoサポート部品情報を見るとパーツナンバーは“02K5701”と“02K5730”の2種類だけ…“02K5876”はなんだ?
“02K5876”を販売している会社も見つけましたが、アルプス製がいいかも?という期待から“02K5701”を注文しました。税込み5,400円

届いたキーボードはこれ“02K5701”
20070202thinkpad_002.jpg 20070202thinkpad_007.jpg 20070202thinkpad_008.jpg

20070202thinkpad_012.jpg 20070202thinkpad_011.jpg 故障キーボード“02K5876”
当然ながら見た目は同じ…ではありませんでした。
上部のThinkPadキーの右側3個がボリューム調節とミュートに変わっています。
それに、この3個のうち2個の横幅が1mm弱広く、元のカバーが付けられないので
キートップの側面をヤスリで削りました。

使ってみて、キータッチが随分違うのにびっくり!
今回のアルプス製のほうがベースがしっかりしているようで、キーボードの感触が、いかにもThinkPadらしい剛性感のあるものになりました。これだけで5,400円以上の価値あり!
これは思わぬ収穫です(^◇^)〜♪

キーボード交換の手順は、Lenovoサポート&ダウンロードのHPから保守マニュアルをダウンロードし、それに図解入りでかなり詳しく作業方法が書いてあったので、削る作業も含めて30分もかからず問題なく行うことができました。
IBMからLenovoに変わっても、こういうところまでしっかりサポートしてくれるのがうれしいですね。

Update:2007/02/05
IBMサービスセンターでの修理サービスの概算金額表を見ました。
これによると
基本作業     8,400円
キーボード交換 12,600円
往復の送料    3,800円
合計24,800円くらいかかるようで、今回私が払った総額6,380円は随分安く、且つ短期間で修理ができたことになります(=^^=)
posted by CatBear at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | PC ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

マウス購入 Logicool MX320 Laser Mouse

昨日の仕事中、マウスの左クリックが効かなくなりました。
以前から左側だけ調子が悪くて騙しだまし使ってたけど、もう完全にダメみたい。
代わりのマウスを探すけど、PS/2ポート用ばかりでUSB接続のがない(>_<;)
USB接続のCPU切替機を使っているので、USBマウスが必須なんです。
それで急遽買ってきました。
前のと同じLogicoolの製品でMX320 Laser Mouse です。
これといって特長はないけど、持ちやすくレーザー方式で安いのが決定理由!
ここ7、8年はLogicoolかMicrosoftのマウスしか買ってません。それまでに買った他メーカーの製品は、1年前後で故障続出…寿命があまりにも短かったもんでね(>_<;)
20070119mouse_003.jpg
MX320に付属のソフト“SetPoint”はインストールしていません。
別に横スクロールやサーチボタンは要らないし、HID準拠マウスとして認識されているだけの機能で私は十分です。

posted by CatBear at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | PC ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

CPU切替器を買い直すはめに

長年愛用していた富士通のキーボードがCtrlキーの調子がおかしくなったので、ネットでキーボードを物色してました。
10キーレスの横幅が狭いものが欲しかったけど、どうもキー配列がなじみにくいものだったり、キータッチがどうもねぇというものだったり…それでかなり低価格のMicrosoft Comfort Curve Keyboard 2000に落ち着きました。2,480円
それなりに好みのキータッチで音も静かです。
「エルゴノミクス (人間工学) デザインに基づいた滑らかなカーブのキー配列」は、特に意識することなく使えますが、疲れにくいかどうかは…まだわかりません。
ComfortCurveKeyboard2000_2.jpg
ところが、これはUSB接続しかできないので、今まで使っていたPS/2専用のCPU切替器が使えません。
USBキーボード用のCPU切替器は種類が少なく、Corega CG-PC2UVAMNを購入。5,800円でした。
corega1.jpg
新旧のCPU切替器を比べると、PS/2接続とUSB接続の違いで今度のUSB接続の物が切替のレスポンスが遅いですね。
実用上困るほどではありませんが、気分的にはちょっとイライラ('〜')
切替はCtrlを2度連打します。このキーは変更できません。
posted by CatBear at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | PC ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

ひかり電話と050IP電話の併用

遅まきながら、昨日より“フレッツ・光プレミアム”にしました。
2005/11/30よりひかり電話の番号が二つまで持てるようになったので、INS64と同様に電話とFAXそれぞれに番号を持ち使い分けるという方法ができるようになったためです。
ここまではいいのですが、もう1本回線があって、それでフレッツADSLを契約し、プロバイダの050で始まるIP電話も利用しています。これもどうにかしたいものです。
ひかり電話とIP電話の併用は、NTT西日本のサイトを見ると、従来の1チャンネル用のひかり電話用VoIPアダプタと050IP電話用VoIPアダプタの併用は可能ですが、新しい2チャンネル用VoIPアダプタ“AD-200SE”との併用は確認中とのことで、使えるものやら…
こういうときは人柱(笑)・・・できるであろうと、申し込みをしました。

結果としては大成功!ひかり電話2チャンネルとIP電話を併用することができました。


    続きを読む
posted by CatBear at 17:39| Comment(1) | TrackBack(0) | PC ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

Express5800/110Gbへのインストール

今日の作業:NECのサーバ Express5800/110GbへOSのインストール

この機種には“EXPRESSBUILDER”というセットアップのソフトが付いている。
これが問題!OSのインストールやドライバのインストール、ネットワークの設定などを自動化するためのソフトのようですが、余計に手間がかかってしまいました。
パーティションとネットワーク以外はほとんど初期値のまま設定を進めていったのに、設定作業最後のところで「設定内容は不正です」というエラーメッセージ(○_○;)
どこが“不正”なのか全くわからないので、早速NECのサポートへ電話問い合わせ。
サポートでもわからないので、初期値から変更した項目を1個ずつ元に戻してチェック。
やっとわかりました!“新規にパーティションを作る”と“既存のパーティションを使う”という
オプションが選択できるのに“既存・・”を選ぶと不正になってしまう…これってバグ?

このソフトは、OSの再インストールでも使うように説明書ではなっているけど、実際は使えないということなんですかねぇ(?_?)

posted by CatBear at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | PC ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。