2009年12月10日

Thunderbird 3 リリース

長年使っているメールソフト「Thunderbird」の最新版 Ver 3.0が、正式公開されました。
20091210_thunderbird1.png 
今までと比べ、私にとって何が良くなったかというと、非常に高速な全文検索が使えることです。数万通のメールの中から、検索文字に該当するメールを瞬時に抽出し、別タブで一覧を表示してくれます。(初回起動時のデータベース作成には数時間かかりました)

これができると、今まで相手先毎にフォルダ分けしていたのが、しなくても済みそうです。でも、毎回検索するより各フォルダへの自動振り分けのほうが楽で一目でわかるし、返信も同一フォルダに振り分けるルールも作っているので、フォルダ分けはそのまま続行。
それよりも、誰からの(誰への)メールかわからないけど捜したいということや、「見積」(一例)に関するメールを見たいといったことは頻繁にありますから、複数アカウント・複数フォルダを網羅した全文検索は、非常に便利です。

新機能についての詳細は Mozilla Japan プレスリリースをご覧ください。
Thunderbird 3 日本語版のダウンロードは Mozilla Japan Thunderbird から

ベータ版、RC版と使ってきていたので英語版のままですが、見た目はこんな感じ。
20091210_thunderbird2.png 
Inboxに未読メールがあると赤文字表示にするのは、userChrome.cssにて指定しました。
 usercromeSample.txt ※違う色にしたかったら カラーチャート を参考に。

使っている拡張機能は
 CompactHeader 1.0.1
 Extra Folder Columns 0.3
 Lightning 1.0pre(Nightly) 今日現在の最新は1.0b2
 Ruler Bar 0.3.2008120101
 ※Install.rdfをいじっているものもありますが、動作しています。
20091210_thunderbird3.png 
※Thunderbirdを常駐させているので、TrayBirdでタスクトレイに格納しています。
  Thunderbirdを最小化してタスクトレイにアイコン化 をご覧ください。


ラベル:thunderbird Mozilla
posted by CatBear at 16:57| Comment(2) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

メール遅延の実例

メールはPCからPCへ直接届くわけではありません。その途中には複数のメールサーバが中継していて、その経路の途中で時間がかかることはたま〜にある話で、届くまでに数時間、場合によっては数十時間かかることもあります。
その実例となるメールが先ほど届きました。
送信されたのは今日の17:18、契約しているPOPサーバに届いたのが22:05…約5時間かかっています。

こういうときは、メッセージソースを見ると、どこでサボっていたのかわかります。
Thunderbirdだと、【表示】->【メッセージソース】で簡単に見ることができます。
メッセージソースの中に"Received: From xxxxx.co.jp・・・Tue, 17 Jul 2007 17:18:10 +0900 (JST)"というような表示がいくつか並んでいます。
その一番上が最終宛先(POPサーバ)に届いた日時で、逆順に経路となったサーバが表示されているので、それを追いかけると、どこで停滞していたのかはっきりします。

私宛のメールは、最初から2番目のサーバで眠っていたようで、後は大急ぎでやってきて、無事到着(^_^;)
ちなみに、このメールはANAの国内線予約受付メールでした。
posted by CatBear at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

Thunderbirdの拡張機能"Quote Colors" 0.2.8

以前から愛用しているThunderbirdの拡張機能"Quote Colors"は0.2.8がリリースされ、Thunderbird 2 対応となりました。
機能面での変更はないようです。

ないと困るというものではありませんが、引用の階層が多いメールを見るときにわかりやすくなります。
それと、引用符を">"で表示したいという人には、簡単に設定できて便利です。
ラベル:thunderbird Mozilla
posted by CatBear at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

Thunderbird 2.0で添付ファイルの文字化け解消!

Thunderbird 1.5のときから添付ファイルの扱いがRFC 2231準拠の仕様に変わって、日本語名や英文字でも長いファイル名のとき、そのファイルを添付して送信すると、Outlook Expressなど受信側でファイル名が変わってしまったり、拡張子がDATになったりしていました。
 添付ファイル名が正しく表示されない
 Thunderbirdから送信すると添付ファイル名が文字化け

これが、Thunderbird 2.0 になってから、RFC 2231準拠の仕様+RFC 2047の両立てに変わったそうです。
mail.strictly_mime.parm_folding の初期値が"3"に変わって、日本語ファイル名がOKになったのは経験的にわかっていたのですが、その"3"の意味するところがわかりませんでした。今日もじら組フォーラムで教えてもらい、やっと疑問解消です!
forum.mozilla.gr.jp/?mode=one&namber=37845(最初の質問者は私ではありませんが)

これであれば、Thunderbird 1.5 から2.0へ上書きアップデートした場合、以前パッチを当てていた人は、拡張機能の中からそれをアンインストールしたほうがいいですね。
「設定エディタ」で mail.strictly_mime.parm_folding の値を書き直していた場合は、リセットすれば3になるはずです。
posted by CatBear at 20:46| Comment(0) | TrackBack(1) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

Thunderbird 2.0.0.4pre

今朝のアップデートで Thunderbird nightlyは 2.0.0.4pre になりました。
このバージョンナンバーは、Firefoxの次のバージョンに合わせたのでしょうね。
20070421thunderbird3.png
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1.4pre) Gecko/20070420 Thunderbird/2.0.0.4pre ID:2007042003

今回も Mail Redirect 07.7.4 が無効になりました。
Nightly Tester Tools で対応させてやれば、機能的には問題ありません。install.rdfを書き換えておこうかな。
他の拡張機能はすんなりOKでした。

Attachment Sizes 0.0.5
Lightning 0.3.1
Nightly Tester Tools 1.2.1
Quote Colors 0.2.7 install.rdfを書き換えていたかも?
Rulerrrrr 1.2
Signature Editor 1.2

拡張機能ではなく独立したソフトですが、Thunderbirdをタスクトレイに最小化しておく機能として、Traybird を使っています。
MinimizeToTray よりもThunderbirdのバージョンアップの影響を受けません。
ラベル:Mozilla thunderbird
posted by CatBear at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

Thunderbirdの拡張機能 Signature Editor ver.1.2 リリース

Thunderbirdの拡張機能"Signature Editor"がほぼ1年ぶりに更新され、Thunderbird 2 対応になっています。
Signature Editorは、Thunderbirdが持っていない署名の編集機能を追加するだけでなく、メール作成画面上にルーラーを表示してくれるので愛用していましたが、Thunderbird2(nightly)を使うようになってからは、install.rdfを書き換えてインストールしてもルーラーは表示されなくなっていました。これで復活ですヽ(^o^)丿
(当日分メールの「時刻のみ」表示を「日付・時刻」にするのは、私には不要)
ver.1.1までは、Signature Editor一つだけで3種類の機能を持っていましたが、ver.1.2では3個別々の拡張機能に分かれています。
1.Signature Editor ver1.2
2.Rulerrrrr ver.1.2
3.Everyday ver.1.0
それぞれ名前の通りの機能です。

詳しい説明とダウンロードは Thunderbird 用拡張機能 minutedesign.com

ルーラーはこんな感じです。
20070410thunderbird_compose.png

今の拡張機能はこれだけです。Everydayはアンインストールしますけど。
20070410thunderbird_addons.png

2009/12/11 追記
Thunderbird 3がリリースされ、署名の編集機能が内臓されたので、Signature Editorは不要になりました。
ルーラー表示は Ruler Bar 0.3.2008120101 のInstall.rdfを書き換えて使うことができます。
ラベル:拡張 thunderbird
posted by CatBear at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

Thunderbird 2.0preの仕様

前回、Thunderbird 1.5の添付ファイルに関する仕様について書きましたが、NightlyのBranchでは何か変わっていないか試してみました。
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1.3pre) Gecko/20070308 Thunderbird/2.0pre ID:2007030803

2006/12/11にも試したんですが、そのときはmail.strictly_mime.parm_folding=2 が初期値となっていて、1.5と同じように日本語添付ファイル名は化けていました。

ところが、今日の時点ではmail.strictly_mime.parm_foldingの初期値は3に変わっており、この状態で前回と同じ「テスト見積書.pdf」をThunderbird 2.0preから送信、Outlook Express 6 で受信したところ、正しいファイル名で認識されています。
おまけで「テストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト見積書.pdf」などという長〜いファイル名でもやってみましたが、これもOKです。
もちろんThunderbird 2.0preにて受信したときもOKでした。

これはあくまでも2.0preの2007/03/08での設定ですから、1.5では“3”にしないように!
ラベル:Mozilla thunderbird
posted by CatBear at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thunderbird 1.5 の仕様とMozilla Japanの対応

Thunderbird 1.5 で日本語ファイル名の添付ファイルを付けて送ると、受け取った相手では“ATT99999.dat”などとなってしまい「これ なに?」とか「どうしたらいいの?」とか困ってる人が沢山います。
たしかにThunderbirdはRFC 2231に沿った正しい処理をしている訳ですが、ユーザも受け取った相手も困っています。

それに対して、Mozilla Japanは「受取人のメールクライアントによって、添付ファイル名が正しく表示されない場合がある」というだけで、「一般ユーザ向け」には「小さな修正パッチを用意しました」という対応です。
Mozilla Japanの想定する「一般ユーザ」と、普通に言われる「一般ユーザ」は違うのでは?
一般ユーザはMozilla Japanの存在すら知りませんし、Mozilla Japanのサイトからダウンロードしたとしても、右側に小さく書いてある「日本語環境特有の問題」に目を通して、「受取人のメールクライアントによって、添付ファイル名が正しく表示されない場合がある」の内容を読んで対処する人がいると思っているんでしょうか?
これができる人は一般的には「一般ユーザ」とは言いません。

ダウンロードできるThunderbirdは、普通にいう「一般ユーザ」がそのまま使って困らない仕様にして、RFC 2231準拠の仕様にしたい人は「一般ユーザ」ではありませんから、その対処方法をナレッジベースに書くべきです。

なんで、そのパッチを適用した「日本語版」を公開しないのか?
もしくは、誰でもわかるように「このパッチを適用してください」とか、「日本語の添付ファイル名は使わないように!」とか明示しないんでしょう?
「できない」言い訳はあるんでしょうけどね。


2007/04/22 追記
Thunderbird 2 で、これに対する改善が行われています。
Thunderbird 2.0で添付ファイルの文字化け解消!
ラベル:Mozilla thunderbird
posted by CatBear at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

Thunderbirdのテーマ Noia Cute/Yop 2.13

数年前に愛用していたThunderbirdのテーマ“Noia Cute/Yop”は、配布サイトがなくなり、Thunderbirdのバージョンアップによって使えなくなっていましたが、Noia 2.0 eXtremeの作者サイトでThunderbird 2.0対応版Noia Cute/Yop 2.13を見つけました!
Noia 2.0 eXtremeは好みではないのですが、Yopバージョンは好きなんです。
The Full Noia(Yop)VersionをダウンロードすればOKです。
20070303Thunderbird2.png
posted by CatBear at 16:15| Comment(0) | TrackBack(1) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

Thunderbird 2 (nightly)がやっとbeta2に?

うちのThunderbird 2 b2pre、今朝の更新通知で、やっと“pre”が取れてbeta2になるとの表示…で、更新したら予想通り拡張機能の“Mail Redirect 0.7.4”と“Signature Editor 1.1”が無効になったけど、Build IDを見ると、やっぱり“pre”が付いてますね(^^;)

Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1.2pre) Gecko/20070126 Thunderbird/2.0pre ID:2007012603

20070127thunderbirdb2.jpg

使用中の拡張機能の対応状況は
【OK】Attachment Sizes 0.0.5
【OK】Lightning 0.3
NGMail Redirect 0.7.4
【OK】Nightly Tester Tools 1.2.1
NGSignature Editor 1.1
【OK】Talkback 2.0b2pre
ラベル:thunderbird Mozilla
posted by CatBear at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

Thunderbird 2 beta2(Nightly)

Thunderbird 2.0のNightlyが、今朝の更新で“2.0 beta2 pre”になりました。

Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1.2pre) Gecko/20070117 Thunderbird/2.0b2pre ID:2007011704

20070118thunderbird2.jpg

使用中の拡張機能の対応状況は
【OK】Attachment Sizes 0.0.5
【OK】Lightning 0.3
NGMail Redirect 0.7.4
【OK】Nightly Tester Tools 1.2.1
NGSignature Editor 1.1
【OK】Talkback 2.0b2pre
NGだったものもNightly Tester Toolsで強制対応させたら使用できました。
ラベル:Mozilla thunderbird
posted by CatBear at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

Thunderbirdから送信すると添付ファイル名が文字化け

GoogleやYahooのWEB検索からこのブログを見てくれている人の中で、一番多いキーワードは“Thunderbird 添付ファイル dat”か“Thunderbird 添付ファイル 文字化け”です。
以前にも、Thunderbirdの添付ファイル名について書きましたが、この問題で困っている人は多いんですね。  2006/01/13の記事

そこで、再度この問題を整理してみます。
【現象】
1.Thunderbird 1.5から日本語のファイル名をつけた添付ファイルを送信。
2.そのメールをOutlokk ExpressやOutlookで受信すると、添付ファイル名が変わってしまう。
  “ATT99999.dat”や“ATT99999.xls”などとなってしまう。
  拡張子まで“dat”に変わると、何が送られてきたのか受信側ではわからない。

他のメーラーで受信すると上記以外のパターンもあるようですし、そもそも添付ファイルが認識されないこともあるらしいのですが、私は未経験なのでわかりません。

【対応方法】
Thunderbirdの設定を変える必要があります。(送信側で対応するしか方法はありません)
1.ツール -> オプション -> 詳細で「一般」タブにある「設定エディタ」をクリックします。
  20061211thunderbird1.jpg
2.設定エディタが表示されます。(表示される内容は無視してかまいません)
  20061211thunderbird2.jpg
3.「フィルタ」欄に
  mail.strictly_mime.parm_folding
  と入力します。上の行をコピーして張り付けると確実です。
4.1行表示されるので、その行の上で右クリック
  20061211thunderbird3.jpg
5.「値の変更」を選択し、2を0と半角数字で入力し直します。
  20061211thunderbird4.jpg
6.右上の×で閉じます。
7.「OK」をクリックしてオプションを閉じます。

これで日本語の添付ファイル名で送っても、相手側で正しく認識されるようになります。

【原因】
Thunderbird 1.5は、添付ファイルの取り扱いを定めた規約(RFC 2231)に準拠した仕様に変わったが、受信側のOutlookやOutlook ExpressはRFC 2231に対応していないため。
詳しくはMozilla Japanのナレッジベースをご覧ください。

【Thunderbird 2 beta1では?】
この仕様は変わっていません。
mail.strictly_mime.parm_folding = 2 が初期値で、1.5と同じように化けます。
Build 2006121004でテスト
 “テスト見積書.pdf”を送信し、Outlook Expressで受信すると“ATT00030.dat”
 “テスト見積書.xls”を送信し、Outlook Expressで受信すると“ATT00045.xls”
となりました。

メールは、正しく受信できてこそ役に立つわけなので、今の初期設定値のままでは使えません。
なんせOutlook Expressユーザの数が圧倒的に多いですから。
(「一部のメールクライアント」ではあるけど、ユーザ数は「一部」ではなく「大半」)
対応していないOutlook Expressが悪い!では済まないでしょうし、添付ファイル名に日本語を使わないというのも、今の日本では非現実的です。
私の仕事上でも、相手から送ってきた添付ファイルの内容を書き換えて返送することがあり、その場合は、元のファイル名+日付を添付ファイル名として、相手側でわかりやすいように返送しますので、相手がつけた日本語のファイル名を英文字に変えることはできません。
社内で添付ファイルの命名規約を設けている企業も多く、日本語は必須です。

日本語版だけ初期値を変えてリリースすることはできないんでしょうけど、これで「Thunderbirdは使えない」と思われるのは、一愛用者として残念です。


2007/04/22 追記
Thunderbird 2 で、これに対する改善が行われています。
Thunderbird 2.0で添付ファイルの文字化け解消!
posted by CatBear at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

Thunderbird 2.0 beta1 (Nightly)

昨日までThunderbird 2.0 b1pre だったのが、今日の自動更新で“pre”がなくなりました。
これでいよいよ(やっと?)Beta1です。
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1.1pre) Gecko/20061201 Thunderbird/2.0b1pre ID:2006120104
が、こうなりました。
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1.1pre) Gecko/20061202 Thunderbird/2.0b1 ID:2006120204

自動更新の通知
「いくつかの拡張やテーマが使えなくなるかも?」って警告メッセージがありますね
20061203thunderbird1.jpg
この拡張機能が未対応とのこと
(元々Nightly Tester Toolsにて強制対応してましたが、今回も結果はOK)
20061203thunderbird2.jpg
バージョン表記
20061203thunderbird3.jpg
現在インストール・稼動中の拡張機能
20061203thunderbird4.jpg
ラベル:Mozilla thunderbird
posted by CatBear at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

Thunderbirdでスケジュール管理の拡張機能“Lightning 0.3”

スケジュール管理のPIMソフトとして“Mozilla Sunbird 0.3”を使っていますが、イベントのアラームを表示させるには常駐させる必要があります。それであれば、既に常駐させているThunderbirdにSunbirdと同等の拡張機能Lightningをインストールしてやればいいのかも?ということで、Lightningを試してみました。
見た目と機能はSunbirdとほとんど同じですが『MultiWeek』で複数の週を表示することはできません。月・週・日の3種類となります。
(追記:Lightning 0.7以降は『MultiWeek』も選択できるようになりました)
20061107thunderbird.jpg
LightningをThunderbirdにインストールすると、メニューバーに“Calendar”が追加され、オプションの中にも“Lightning”タブが追加されてタイムゾーンの設定などを行います。

左側に表示されているカレンダーの日付をクリックすると、当月のスケジュールが表示され、その中の該当日付をダブルクリックするとスケジュール登録ができます。

上記の画面ハードコピーは、ツールバーの表示を私が使いやすいようにカスタマイズしていますので、表示されているアイコンは最低限で、並びも随分入れ替えています。
又、メール表示のときは出ている検索BOXは、Lightning表示のときは表示されませんので、アイコンの位置がずれてしまいます。
Thunderbirdのアイコンに加えてLightningのアイコンまでを表示することは可能です。
窓の杜の紹介記事では全アイコン表示の様子を見ることができます。

使い勝手は、私のようにThunderbirdを常駐させている場合は、独立したSunbirdよりも良いと思いますが、Thunderbirdを常駐させない場合はSunbirdの方がいいでしょうね。

Lightning 0.3の機能やインストール、設定についてはMozilla Japanのリリースノートをご覧ください。ダウンロードもできます。

Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1) Gecko/20061106 Thunderbird/2.0b1pre ID:2006110603 にて使用

Update 2006/11/09
リリースノートによるとThunderbird 1.5 Windows日本語版では使用できないとのこと。
Thunderbird 2.0 b1pre 英語版では特に問題なく使えています。
posted by CatBear at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

Thunderbirdを最小化してタスクトレイにアイコン化

Thunderbirdを1日中立ち上げたままにし、複数アカウントを5分〜10分間隔で新着メールのチェックを自動的に行っています。
この常駐させる使い方だと、Thunderbirdの標準機能では最小化したときにタスクバーに残ってしまいますので、アイコン化してタスクトレイに入れすっきりさせる方法を紹介します。
ThunderbirdとFirefoxどちらにでも使える拡張機能“MinimizeToTray”を使う方法もあるのですが、本体のバージョンアップに追いつかず動かない場合があったので、私は拡張機能ではなく独立したWindowsソフト“TrayBird”をインストールし、ここ数年利用しています。Thunderbird 2.0(Nightly)でも使えます。
追記 2009/12/10 Thunderbird 3もOK♪

1.TrayBirdをダウンロード  ダウンロードこちら

2.traybird.lzhをPC上に保存したら、それを解凍します。

3.解凍された中にある“Traybird.exe”と“Traybird.dll”を、Thunderbirdを
  インストールしてあるフォルダへコピーします。
  XPの場合だとデフォルトは C:\Program Files\Mozilla Thunderbird です。

4.“Traybird.exe”を起動させると、自動的にThunderbirdも起動されます。
  “Traybird.exe”のショートカットをデスクトップに作っておけば便利です。
  スタートアップに入れておけば、Windows起動時にTraybirdが起動され、Traybird
  がThunderbirdを最小化した状態で起動し、タスクトレイに入ります。
これでOKです。
Thunderbirdを最小化した状態でアイコンを右クリックし“終了”をクリックすると、TrayBirdとThunderbirdが終了します。
Thunderbirdの×をクリックしても最小化するだけで終了しませんので、Thunderbirdをアップデートするときは手動で終了させ、手動で再起動。
20061018trybird_1.jpg

20061018trybird_2.jpg
TrayBirdの環境設定は何も変更しないでもかまいません。
設定内容については、解凍した中にある“Traybird.txt”に詳しく説明してありますので、これをお読みください。(日本語です!)
※ ソフトに付いているこういう説明文は、インストール前によく読みましょうね。
  結構大事なことが書いてあったりしますし、この文書が手抜きだと…ソフト自体も?
  TrayBirdは丁寧に書いてありますが、雑なソフトもときどきありますからね('〜')
posted by CatBear at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

Thunderbird 2.0 b1 pre でエラー

今朝自動アップデートした9/26版のThinderbirdでエラーが表示されました。
   Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1)
   Gecko/20060926 Thunderbird/2.0b1pre ID:2006092604
20060927Thunderbird2.0b1pre_2.jpg
MozillaZine Forum Thundebirdでも、この問題が書き込まれていましたが、これはという解決方法はないようなので、前回のときと同様に昨日のBuildsに戻して、明日のアップデートを待ちます。

2006/09/25版はこちらの“thunderbird-2.0b1pre.en-US.win32.installer.exe”をダウンロードし、上書きインストールしました。
   Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1)
   Gecko/20060925 Thunderbird/2.0b1pre ID:2006092503

Update 2006/09/27 23:45 期待通り9/27版で修正されました。
   Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1)
   Gecko/20060927 Thunderbird/2.0b1pre ID:2006092703
ラベル:thunderbird Mozilla
posted by CatBear at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

Thunderbird 2.0のWrite・Replyなどでのエラーが解決!

Thunderbird 2.0 B1 pre 2006/09/13のNightlyでメール作成や返信などをしようとするとXML Parsing Errorになる不具合が14日版で対処されました。
これでThunderbird2.0もBeta1preになりました。
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1) Gecko/20060914 Thunderbird/2.0b1pre ID:2006091407

ラベル:thunderbird Mozilla
posted by CatBear at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

Thunderbird 2.0 b1 pre はXML Parsing Error

昨夜自動アップデートしたThunderbird 2.0 nightly buildsが“b1 pre”となったのはいいのですが、メールの新規作成や返信をしようとするとエラーになります。
XML Parsing Error: undefined entity
Location: chrome://messenger/content/messengercompose/messengercompose.xul
Line Number 149, Column 3:
--^

mizillaZineにも同様な書き込みがありましたが、対処方法は見つかりません。
仕方ないので20090613版をアンインストールし、正常に使えていた20060912版をダウンロードしてインストールしたので、一応使用できる状態には戻りました。
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1b2) Gecko/20060912 Thunderbird/2.0a1 ID:2006091203

明日まで待ったら正常になるでしょうか・・・
posted by CatBear at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

スパムメールの件名あれこれ

毎日あきれるほどスパムメールが届きます。
メーラーにThunderbirdを使っているので、“学習型迷惑メールフィルタ”によって、そのほとんどは自動的に“迷惑メールフォルダ”に振り分けられ、翌日には自動削除されています。
Outlook Expressなど他のメーラーを使っている人は、件名を見てジャンクメールかどうかを判断しているのでしょうけど、最近はもっともらしい件名で送りつけるものが多くなってきているので、本文をプレビューしないと判断がつかないかも?
それにしても、業者もよく考えるもんですね(^w^;)

こういったスパムメールには、「送らないで」とか返信しないように!
あなたのメールアドレスが有効だとわかってしまい、次から次へと新たなスパムメールが来るようになります。
無視するのが鉄則です。

以下は、昨日受信したスパムメールの件名一覧です。

続きを読む
posted by CatBear at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

Thunderbirdの拡張“Signature Editor”で署名の作成・編集

Thunderbird 1.0.7まで使っていた“Signature Editor”の、Thunderbird 1.5対応版Ver1.0がリリースされました。
Signature Editor 1.0での新機能はありませんが、従来通り次の機能が利用できます。
1.各アカウント設定ウィンドウから、署名を作成したり編集したりできます。
  これは本来ならば基本機能としてThunderbirdが持つべき機能ですが、残念ながら
  外部エディタでテキストファイルを作成・編集しておく必要がありました。
2.メッセージ作成画面にルーラーが表示されるので、1行の文字数が把握しやすく
  なります。
3.日付フォーマット変更
  Thunderbirdは、当日に送受信されたメッセージは時刻のみが表示されますが、
  それを昨日までと同じように日付+時刻表示に変更します。
  私は、この時刻のみ表示がわかりやすいと思うので、設定はオフにしていますが
  お好みで!
詳しい説明とダウンロードはこちらから

2009/12/11 追記
Thunderbird 3がリリースされ、署名の編集機能が内臓されたので、Signature Editorは不要になりました。
ルーラー表示は Ruler Bar 0.3.2008120101 のInstall.rdfを書き換えて使うことができます。
posted by CatBear at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。