2007年07月10日

屋内撮影の必需品 - 照明 -

まだまだ梅雨の真っ最中、今日もどんよりしたお天気です。
こういう日は屋外での撮影はできません…というより、その気になりません。
屋内で撮るときはストロボを使うのが手軽ですが、光や影の具合を予め想定するのは困難で、思わぬところに影が出たりしがちです。
こういうときに愛用しているのが、クリップ止めのスポットライトです。
器具は、ホームセンターで買った作業灯(580円)の電球を外して、光源にナショナル パルックボールスパイラル レフ形 電球型蛍光灯(パルックday色)100Wタイプ(約2,000円)をつけたものです。これだと、写真用品として売られているものよりかなり安く調達できます。
また、寿命が長いことや、熱くならない点も大きなメリットです。

被写体によっては光源の反射が気になるので、その場合は前面にディフューザを取り付けます。影も柔らかくなります。
これは手芸用の刺繍枠(18cm径)にトレーシングペーパーをはさみ込んだだけ。1個800円くらいでした。本体の針金ガードに被せるだけなので、乱暴に扱うと落ちます(^^;)

このブログの写真で屋内撮影のものは、ほとんどこの照明を2個使っています。
20070710Light_009.jpg 20070710Light_011.jpg 20070710Light_015.jpg
※ この撮影では1個しか使えませんでしたが・・・1個は被写体(^^;)

PENTAX K100D + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 272E MF 三脚


ラベル:カメラ 撮影 照明
posted by CatBear at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。