2009年10月06日

TAMRON SP 500mm F/8 55BB でヤマガラを撮る

久しぶりにTAMRON SP 500mm 55BBで撮ってみました♪
しっとりしたヘリコイドの動き、軽い!いつものSIGMA 400mmとは大違いです。

レフレックス・レンズとかミラー・レンズといいますが、要するに反射望遠鏡ですから、大きなガラスの塊であるレンズではなく、凹面鏡で写像を得るので、非常に軽量で長さが短く、持ち運びが楽です♪
もちろんガラスのレンズも、4群7枚の構成で使っているそうです。

金属製のフードを付け、マウントアダプター「アダプトール2」PENTAX用込みでの重さは実測701g、全長は164mm、太さ84mm。
  TAMRONの55BB情報ページ
と、長々と講釈めいたことを書いてきましたが、今日は小雨で外に撮りにいけないので、いつものモデル ヤマガラさんを窓から撮るしかなく、何か違う雰囲気で撮れないかな〜と悩んだ結果です(^w^;)

F8と暗いレンズで、雨が降っていて薄暗い天気の中では撮りにくいことは間違いありませんが、TAMRONらしいしっとりした色合いで撮ることができました。
20091006_007.jpg 1/125s
20091006_034.jpg 1/80s
20091006_038.jpg 1/50s
ただ、ヘリコイドの回転方向がPENTAXのDAレンズやSIGMAとは逆なので、動く鳥さんを撮るときは迷ってしまいました。慣れの問題ですけどね。

PENTAX K100D + TAMRON SP 500mm F/8 55BB MF ISO:800


posted by CatBear at 17:05| Comment(6) | TrackBack(0) | Photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
CatBearさん こんばんは!

1枚目は背景が黒だし、天気が悪い日のF8ですから、少し暗いかな?・・・と思いましたが、2枚・3枚目は 背景が明るい緑だし・・・いい雰囲気ですね!

各社が製造を中止したレフレックス・レンズ(ミラー・レンズ)を持っているのは、貴重ですね!
Posted by 愉快な仙人 at 2009年10月06日 21:13
こんばんは
3枚目の飛び込み寸前のヤマガラの表情が真剣そのものです。
良いですね。
Posted by yodogawasyuhen at 2009年10月06日 22:48
こんばんは 愉快な仙人さん。
ミラーレンズは背景のリングボケがうるさくなりやすいので
1枚目は無地の地面をバックにもってきました。
まぁ2枚目以降でも、うるさいというほどはないですね(^^;)

ミラーレンズで今も生産しているのはSONY 500mm F8 Reflexだけとなりましたね。
ただ、TAMRONのは中古で入手しやすいので、貴重というほどではありません。
Posted by CatBear at 2009年10月06日 23:13
こんばんは yodogawasyuhenさん。
たしかに、真剣な顔つきしてますよね!
雨の日の水浴びでも、ヤマガラにとっては遊びじゃないんでしょうね。
Posted by CatBear at 2009年10月06日 23:18
あはは!庭の鳥を500mmレフ!(笑)。
完全に変態ですね〜。
こういうの大好きです。
暗い空のおかげでリングボケも見にくくならないで済むって訳ですね…なるほど〜。
…ピントが逆って、ホントに戸惑いますよね〜。
最近は慣れるまで時間がかかって困ります…(汗)。
Posted by TOOLKIT at 2009年10月07日 12:01
こんにちは TOOLKITさん。
近いときには、より大きく!
  遠いときは諦める・・・
そのためには500mmが最適です♪
私はリングボケへの拒絶反応もありませんしね(^^;)

ただ、ピント合わせが逆なのは致命的(x_x)
静物ならやり直しが利きますが、鳥さんの動きに手動追尾するMF-Cだと、シャッターチャンスを逃がします(-△-;)
Posted by CatBear at 2009年10月07日 15:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。